髪のパサつきが気になる

育毛に関する情報は日々更新されており、今現在も育毛に効果がある成分がさまざまに見つかっています。白薬子エキスは、髪の素になる毛母細胞の働きを良くしますし、血液の流れをスムーズにして頭皮に十分な栄養を届けるニンジンエキス、頭皮を殺菌し頭皮ケアに効果のあるヒノキチオールなどがあります。育毛治療薬に限らず、医薬品や医薬部外品に指定された薬は含まれている全ての成分をパッケージに記載するよう定められているため、前もって成分と効能をチェックすることも可能です。ただ、化粧品のカテゴリーで販売される育毛ケアの商品には記載の義務がないので注意が必要です。普通、果物というとビタミン補給に役立つというイメージですが、実は、育毛にも役立つ栄養素がたくさん入っているのです。身近な果物で言えば、リンゴを食べた時に摂取されるポリフェノールのほとんどが発毛効果が期待できるプロシアニジンと呼ばれる成分なのです。他にも、ブドウに含まれているポリフェノールは活性酸素の働きを抑制する効果があり、摂取の結果、髪の主成分であるアミノ酸の結合をスムーズにします。度々、特定の食品の発毛や育毛効果について話題になることがありますが、実際の根拠は何もないといったものもあります。具体例で言うと、ワカメは髪に良いとされますが、実際のところ、ワカメにそのような効果はありません。成分表をみれば分かりますが、ワカメなどの海藻に多く含まれているミネラルはヨウ素です。甲状腺機能を働かせるヨウ素は、血行促進に効果を発揮するので、確かに身体には良いのですが、ワカメ自体に発育を促すような効果があるわけではないのです。京都大学山中教授が作製に成功した万能細胞であるiPS細胞ですが、この細胞から髪の毛を生やす細胞を作れることが分かりました。毛根を包み込み髪の成長のための栄養を貯める毛包が再生されたことがiPS細胞の再生実験で明らかになりました。とはいえ、研究段階なのですぐに実用化というわけにはいきませんが、育毛のための技術は今後も飛躍的に進む事が期待できます。残念ながら、育毛剤で即効性を感じることは難しいでしょう。効き始めるまで3、4ヶ月は見た方が良いですし、時間のかかる人の場合、1年以上というケースも珍しくありません。なぜ時間がかかるのかというと、ヘアサイクルという一本の毛髪が生えてから抜けるまでの周期によって決定づけられます。ヘアサイクルには退行期という髪の毛の成長が止まる期間が1ヶ月程度、休止期という成長が止まった毛髪が抜けるまでの期間がおよそ3ヶ月あると言われており、いくら育毛剤で毛根を活発にしようとしても休止期の次のサイクルの成長期が来るまで髪の毛は生えません。ヒトの体は60%が水分で出来ています。ですから、健康を考えると、一日当たり3リットル程度の水分を摂取した方が好ましいといえます。水分が欠乏してくると血液が濃くドロドロになって、血行不良の原因になります。血行不良になると髪に十分な栄養素が行き渡らなくなってしまい、髪の力も衰えてしまいます。さらに、水分不足は肌にも強いストレスを与えるので、頭皮にも悪影響である事は言うまでもないでしょう。病院などでも育毛治療ができます。しかし、これらの治療は保険適用の対象外のため、治療費は全額自己負担です。保険の対象外ということは、どこに行っても同じ治療費という訳ではなく、クリニックごとに違いがあります。料金の詳細はカウンセリングを受けた後に決定されると思いますが、投薬治療に比べて注射や植毛を視野に入れた治療になると料金も格段に高くなってしまうでしょう。意外に思われるかもしれませんが、健康的な髪の毛を育てるうえで、全身の血行の流れを良くすることが大切になります。では、どのように血行を改善すればよいのでしょうか?それには身体を動かすことが一番ですが、屋外でのスポーツを長時間やる必要もなく、ストレッチやヨガなどを15分くらい行えば、血管が広がり、全身の血行が改善していきます。それに、育毛のみならず、凝った身体がほぐされて、身体のコリが改善され、リラックスできます。海藻類が髪の毛に良いという話は、昔から言われていますが、海藻類はヨウ素などの栄養素が含まれているので、健康には良いもののダイレクトに育毛や発毛を促すような効果は明らかになっていませんでした。けれども、海藻のネバネバした成分に含まれるフコイダンが毛母細胞から髪を作るために必要なIGF-1の物質を生み出すために必要なことが分かりました。IGF-1はソマトメジンCとも呼ばれ、唐辛子や大豆などの食品を摂取した時にも増加します。近年、その高い栄養価が注目されている「きな粉」ですが、これは大豆が原料です。代表的な大豆の成分としてイソフラボンを挙げることができますが、これは女性ホルモンと似た化学構造で出来ているため、過剰な男性ホルモンの分泌を抑えて、育毛効果があるという説があります。もちろん、豆腐や納豆でもイソフラボンは摂取できますが、粉末状のきな粉は大豆製品の中でも特に栄養素を吸収しやすいという特徴を持っているため、より効率よくイソフラボンを摂ることができるのです。そのまま食べるのも良いですが、牛乳や豆乳に入れると、手軽に摂取できます。40代髪のパサつきシャンプー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です